宴会の幹事を任された時の重要な仕事とは?


皆が喜んでくれるお店を予約する

宴会の幹事をする時は、参加してくれる人が喜んでくれるお店を予約する事が重要です。宴会は、一人一人がお金を支払って開かれるので、もし不満に感じた人が複数いると宴会が失敗に終わる可能性が高いですよね。そこで、お店を選ぶ時に大事になるのが参加者全員の好みを聞く事です。和食が好きなのか、洋食が好きなのかを聞く事によってお店選びが楽になります。和食が好きな人が多いと、和食専門店などを選択すれば良いので好みを聞く事は重要でしょう。さらに、宴会となると参加者が多くなります。つまり、座席を多く確保出来るお店を選択する必要があり、宴会を歓迎しているお店だと参加者が多くても対応してくれます。宴会で人気があるお店は、予約でいっぱいになる事が多いので早く予約しておくことも必要です。

宴会の日程を早めに決める事

宴会の幹事になった時は、まずは日程を決めるようにします。日程が決まるのが遅くなるとお店の予約がなかなかできなかったり、参加出来る人が少なくなるなど何かとデメリットが多いです。もし、早く日程を決める事が出来れば、参加する人の予定が立てやすくしかもお店選びも余裕を持って出来ますよね。そこで、日程を早く決めるためには参加候補者を早く決める事が大事です。参加者を早く決める事によって、参加者たちに宴会の候補日を提案する事が出来ます。候補日を早く提案する事によって、参加者全員が参加出来る日付が分かり宴会を計画しやすいです。参加候補者が多いと宴会日を決めるのに時間がかかるので早めに行動を取る必要があります。

大阪の宴会は、チェーン店の居酒屋やレストラン、ホテルなど様々な会場で行うことができ、中でも貸し切り料金が手ごろなところや、交通アクセスが良いところが選ばれる傾向があります。