知っておきたいLED照明に交換した時のメリット


消費エネルギーが少なく経済的

LED照明が近年一気に広まった理由の中でも特に重要なのは消費エネルギーがとても少ないということです。従来の白熱電球と違って無駄に熱を発生させたりしないため、効率よく光エネルギーへと交換することが出来るのです。
電気代で見ても5分の1よりも少なくなることもあるため、年間にするとかなりの電気代を節約することが出来ます。そのため、生活費を節約したいと考えている場合にはLED照明にするだけでかなりの効果が期待出来るのです。

寿命が長いので手間いらず

照明というのはずっと使い続けることが出来るというわけではなく、一定期間使用したら交換する必要があります。しかし、照明は高い場所にあることが多いので交換するのはかなり手間がかかるものです。
そういった手間を省く効果がLED照明にはあります。LED照明の寿命は約4万時間ととても長くなっているので、年数にするとおよそ10年間は一度交換してしまえばそのままで使い続けることが出来るのです。

紫外線フリーなので安心

照明というのは私達が見える光以外にも紫外線を発生させていることがあります。この紫外線は人間の肌に悪影響を及ぼすだけではなく、家具などを劣化させてしまうという欠点があります。
LED照明にはそんな紫外線をほとんど含まないというメリットがあるのです。そのため、紫外線の影響が心配になる美術館や博物館などでも多く使用されているほどです。
また、紫外線を含まないことで虫が寄ってくるのを防ぐ効果もあるので虫の多い夏場でも安心して使用することが出来ます。

LEDライトパネルは、中のポスターを光らせることができるので人目を引きやすいことがメリットです。また軽量なため持ち運びもしやすいです。