心療内科に通い続けるにはここを見極める!自分に合った病院探し


初めて行ってみる時に…心療内科の選び方

気分が優れないまま数日経つ…その上眠れない・頭痛がするなどの症状が出てくれば、心療内科の出番です。ですが、ひとたび検索してみるとたくさんの病院があってどこへ行っていいかわからない。そんな風になりますよね。その時基準になるのは、まず症状です。間違えてはいけない部分は、身体症状が出ているかどうか。身体が痛い・起きられないなどの身体症状が出た場合は『心療内科』、死にたいような気分などの気分障害が出た場合は『精神科』と覚えておきましょう。

また心療内科でも得意分野が分かれていたりします。眠れないなら不眠症に特化した病院、気分障害も出ているなら精神科も専門に含んでいるところなど、一口に心療内科と言えどたくさんの種類があります。自分の体調とよく見比べてから選ぶのがおすすめです。最終的にどこにするか迷ってしまったら、まず「家から近い病院に行く」というのも一つの手ですよ。覚えておきましょう。

心療内科って何をするの?治療方法の紹介

心療内科の治療方法として、大きく二つに分かれます。これは主治医になった先生と相談して決めるものになりますが、『投薬治療』と『カウンセリング』があります。投薬治療はその名の通り、薬を使う治療のこと。風邪をひいた時のように、頭が痛いから頭痛薬・気持ちが晴れないから抗うつ剤など、症状を伝えると主治医がその都度自分に合ったお薬を処方してくれます。身体への治療ですね。カウンセリングは、カウンセラーと呼ばれる心理学の専門家がその人に合ったスピードでお話を聞いてくれ、心に治療を施してくれるものです。自分に合ったカウンセラーが見つかると、どんどん心が晴れていきますよ。主治医と相談して、自分に合った治療法を見つけてくださいね。

都会のど真ん中で働く人は、ストレスを抱える人が多く、新宿の心療内科は、平日夜間診療を行っているところがあります。心の悩みを抱える人が、仕事帰りに、気軽に相談することが出来るよう、体制を整えています。